アカオウ写真

長野市にて昭和43年創業のカメラ&写真専門店です。

花桃をいただきました(^^)

お客様から花桃を一房いただきました!

可憐な花桃が咲き誇る、地域でも有名な庭園をお持ちのお客様です。

f:id:Photoshop_Akaou:20200422141018j:plain

春を謳歌する可憐な咲きぶりに癒されます。

桜の開花前に咲くことが一般的のようですが、長野県では桜より遅く、4月中旬から5月初めにかけて見頃だそうです。

f:id:Photoshop_Akaou:20200422141024j:plain

f:id:Photoshop_Akaou:20200422141047j:plain

お家にある花など、撮影してみてはいかがでしょう?

主役の花にしっかりピントを合わせて、背景に一工夫。

お部屋の様子をそのまま撮影しても、構わないと思います(^^)

f:id:Photoshop_Akaou:20200422141049j:plain

アカオウ店内なので、いろいろ賑やかな背景、ご勘弁ください(汗)

華やかな彩りの花は、露出を少し明るめにすると、より映えます。

建造物や室内撮影などの場合、通常は背景の天井など、水平・垂直に注意して撮るのですが、この写真は、少し斜め気味にして、奥行き感とリズムを出しています。

下のテーブルは水平ですが、後ろの天井は斜め。

これは花瓶の正面ではなく、やや左から撮影しています。この場合、テーブルは水平になるように撮影します。

広角レンズで撮影なので、遠近感も背景が広く写り、手前の花桃が大きく見えます。

一工夫が面白い写真になります。

 

自宅にいる時間、有効に使いましょう。

とくにカメラ機材のお手入れなど、この機会にしっかりメンテナンスしましょう!

f:id:Photoshop_Akaou:20200422141021j:plain

おすすめ清掃道具など、アカオウにお気軽にお問い合わせください(^^)

「お家時間の写真の楽しみ方」でした。

アカオウ51周年特別イベント「12月1月2月フォトコンテスト」受賞作品決まる!

アカオウ写真51周年特別イベントの「12・1・2月フォトコンテスト」受賞作品が決定しました!アカオウ写真のお客様から、多数の力作をご応募していただきました!

応募者の皆様、ありがとうございました!

受賞者の皆様おめでとうございました!

 

受賞作品はアカオウ写真店内にて展示予定です。

ぜひ、御高覧ください(^^)/

 

受賞作品はこちらの四作です。

f:id:Photoshop_Akaou:20200413145219j:plain

大賞 「 天孫降臨

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200413145310j:plain

一席 「 パワースポット 」

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200413145343j:plain

二席 「 雲海の輝き 」



f:id:Photoshop_Akaou:20200413145549j:plain

三席 「 雪夜に咲く 」

引き続き、「3月4月5月フォトコンテスト」があります!

くわしくは、アカオウ写真ホームページをご覧ください(^^)/

夜桜ライトアップに行ってきました🌸

松代城址、夜桜ライトアップ撮影に行ってきました!

毎年恒例で撮影に訪れますが、まだまだ肌寒い春の夜です。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411151718j:plain

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411151840j:plain

暮れゆく夕照が美しいです。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411151925j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200411151937j:plain

 

桜木に燈が灯ります。

f:id:Photoshop_Akaou:20200411152050j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200411152100j:plain

 

ライトアップ、夜景、ともに撮影法は一緒です。

カメラ機能は、Mモード。ピント合わせも自動のAF=オートフォーカス、から手動のMF=マニュアルフォーカスに切り替えます。

三脚を使用します。絞りは昼間の風景撮影と同じく、F8辺りでいいです。

風が吹いていて、湖面のさざ波や、揺れる桜を出来るだけ止めたい、という場合は、感度ISOを大きくして、シャッタースピードを出来る限り早くしますが、揺れる桜を止めるには、夜の場合、なかなか難しい。。。

高速Sスピードの場合、ライトが当たる部分自体は明るく撮れますが、暗い周辺の空や、水面に反射する灯りを出すには、かなりISO感度を上げなくてはなりません。

ISO感度を上げるということは、ノイズが出やすいということ。

粒状性が綺麗な写真を撮影するのであれば、ISO感度はあまり上げない方が良いです。

上記、2枚の設定は、

ISO感度 200   絞りF8

Sスピード 左・6秒 右21秒 

2枚の撮影時間が15分違うので、右の写真は日が暮れて周辺も暗く、長時間撮影になりました。湖面の波が消えています。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411154401j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200411154425j:plain

城内に入ります。見上げると星が出てました。街灯りの影響で空が明るく、見た目ほど星が写りません。

f:id:Photoshop_Akaou:20200411154739j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200411154748j:plain

3,4秒のSスピードの撮影中に、ズームリングを回すと、こんな写真も撮れます。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411154944j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200411154937j:plain

左 ソフトフィルターを使った写真

右 使わない写真

ソフトフィルターは、被写体を柔らかく表現できます。

花・人物・星の撮影に使われます。

光が当たる部分は、ふんわりと、幹もにじむような感じに撮れました。

対照的に使用していない右側の幹は、陰影もシャープに映っています。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200411154930j:plain

松代城ライトアップは、4月19日まで。18:00から21:00まで行われています。

他のカメラマンと充分、距離を開けて撮影できます。

とても素敵でした(^^)

夜桜ライトアップ 撮影会

AKAOです(^^)/

いよいよ桜シーズン到来!今年は早咲きのようですね。

アカオウ写真では恒例の、「夜桜ライトアップ ミニ撮影会」を予定しています。

春の夜を彩る、華灯り☆、漆黒に浮かび上がる、妖艶で可憐な、魅惑の夜桜を撮影に行きませんか?

 

作品は以前のものになります。

f:id:Photoshop_Akaou:20200328164056j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200328164057j:plain

松代城址、暮れゆく頃からの撮影になります。

f:id:Photoshop_Akaou:20200328164209j:plain

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200328164228j:plain

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200328164222j:plain

f:id:Photoshop_Akaou:20200328180526j:plain

ほぼ同じ立ち位置からの撮影ですが、露出・ホワイトバランス、縦横など、撮り方で表情が変わります。

一緒に楽しく撮りに行きましょう(^^)/

 

松代町「あんずの里」に行ってきました(^^)/

AKAOです(^^)/

快晴の25日、北アルプスとあんずの花の絶景「松代あんずの里」に行ってきました。

長野市松代(まつしろ)は長野市中心部から南に約10km程離れた、かつての城下町です。松代東条のあんずの里は、その町中からさらに車で10分程離れた東条地区の山の中腹斜面に広がっています。

コロナウイルスの感染防止のため、物品販売とステージイベントは中止ですが、お花見はできます。

f:id:Photoshop_Akaou:20200326135051j:plain

澄み渡る青空、遠方にそびえる北アルプス、満開にはあと少しでしょうか、咲きはじめた杏の花々の可憐な色合いが映えます。

例年だと4月上旬から中旬にかけて、見頃です。斜面一帯を、5~6千本の花が咲き、薄紅色の花の絨毯で覆われる見事な美しい風景が広がります。

*この写真は西向きです。広角32ミリで撮影のため、遠方は実視より、少しだけ遠く感じます。左右を少しトリミングカットしています。

遠近感を生かして、広々と、遠くに広がる感じになりました。

撮影データー : 10時30分撮影 C-PLフィルター使用

絞り F8 ・ シャッタースピード 1/500秒 ・ 感度ISO 400

レンズ焦点距離 32ミリ  機材 キヤノンEOS5DⅢ・EF24-105F4

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200326135949j:plain

前日の雪降りのおかげで、山々も白く薄化粧。杏を引き立たせてくれています。

位置や向きによって、満開になっています。

絞り F8 ・ シャッタースピード 1/320秒 ・ 感度ISO 400

レンズ焦点距離 75ミリ   C-PLフィルター使用

75ミリ中望遠のため、実視よりも背景の山が近くに在るよう写りました。

手前の杏と、背景の山々をグッと近づけて、無駄のない配置になりました。

 

 

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200326140100j:plain

のどかで、懐かしい感じを誘う、杏の道々。

こちらは、広角24ミリで撮影しました。手前の杏の木から、奥の道まで、かなりの距離を感じます。カメラから近い所は、大きく写り、遠くは小さく写ります。

遠近感を広げる効果の、広角レンズの特性を生かした撮影法です。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200326140245j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200326140252j:plain

来週あたりまで見頃でしょうか。

アカオウ主催「3,4,5月フォトコンテスト」応募作品としても最高です。

ぜひ、皆様もお出かけしてみてください(^^)/

 

実施しました(^^)/ すてきなお花の撮り方写真教室 ✿

AKAOです(^^)/

3月14日に、花の撮り方実践教室を開催しました。

アカオウ写真から徒歩8分のお花屋さん「Flower Maniac」さんのご協力で室内にて実際に花を撮影してみます。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200303105812j:plain

 

今回は室内での撮影ですが、野外撮影を想定して、三脚なしでの撮影法を中心にしました。野外では、風の影響もあり、三脚を構えてピント合わせをしても、花が動いてピント位置がずれてしまい、ピンボケ写真になることがあります。

手持ち撮影で、常にフォーカスロックをかける習慣をつけて、構図を整え撮影する、という手法を学びます。

f:id:Photoshop_Akaou:20200316113403j:plain

店内には四季のお花が華やかな彩りを演出しています。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200316130254j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316130302j:plain

花の明るさは変わりませんが、背景次第で雰囲気が変わります。

野外でも、自分の撮影ポジションを変えて、空を入れたり、いろいろ背景を変えましょう。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200316130534j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316130528j:plain

皆さん熱心に撮影しています。

f:id:Photoshop_Akaou:20200316130803j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316130810j:plain

花屋さんに、わらび?いろいろな需要があるそうです。

くるっと丸まる形を生かして、向きの方向の空間に脇役の葉を添えると、主役がさらに生きてきます。

f:id:Photoshop_Akaou:20200316131201j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316131209j:plain

小さなカメラマンも熱心に撮影!子供の視点は、ハッとさせられる事が多いです。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200316131338j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316131345j:plain

花は縦に伸びています。縦位置だとスッキリまとまります。

広がりのある背景を選ぶときは、横位置もいいですね。

f:id:Photoshop_Akaou:20200316131754j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316131746j:plain

背景を変えると、花の表情もガラリ変わります。

この場合、当然、花の露出に合わせましょう。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200316132017j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316132015j:plain

ホワイトバランスを変えてみました。

左は、雲のマーク。右は、太陽のマーク。

どちらがいいかは、後で判断するとして、いろいろ試してみましょう。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200316132209j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316132211j:plain

店内にステキなシャンデリア風ライトがありました。

f:id:Photoshop_Akaou:20200316132411j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200316132425j:plain

いろいろなジャンルの写真に言えますが、主役を引き立てるのは脇役。

背景を考え、余計なものが入らないポジションを、自分が動いて探すことがポイントです。カメラの構える高さ、角度、ズームによるレンズの焦点距離、主役とカメラの距離、自分の立ち位置、少し変えるだけで、主役と脇役の遠近感、ボケ具合に露出も変わっていきます。

花の撮影に必要なのは、主役の花ぶり、背景に置くもの、露出、ピントの合わせる位置、構図など、ポイントがたくさんですが、やはり旬の美しい花々に出会えた時は、たくさん撮影しておくことが肝心です。

 

あっという間の教室時間でした。撮影に使用したお花を、皆さんで分け合って、お持ち帰りしていただきました。参加者の皆さま、お疲れさまでした。

 

次回は、桜撮影会を予定しています(^^)

 

「富士山撮影ツアー フォトコンテスト」 入賞作品発表!

1月24日~25日実施の「富士山撮影ツアー」入賞作品が決定しました!

審査は、富士山を拠点として活躍の、二科会会員、流石匠先生。

撮影ツアー中も現地講師として、お世話になりました。

365日、富士山を見続け、多くの作品、その秀作を発表。

全国でも随一の富士山写真家として、認められています。

その気さくなお人柄と、確かな撮影技術、指導力に全国からも多くのファンが先生の元に訪れます。

 

今回は、山梨からわざわざ、アカオウ写真までお出かけいただき、店内で審査をしていただきました。審査の様子を交えながら、入賞作品をアップします(^^)

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309134510j:plain

毎年、恒例の富士山撮影ツアー!

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309134619j:plain
f:id:Photoshop_Akaou:20200309134600j:plain

皆さん、同じ場所から同じ被写体=富士山を狙うので、当然、作品も似たような感じになります。しかし、微妙な構図の違い、露出の違い、数秒違うだけで変化する、光・雲・空。先生も一つ一つの作品を、時間をかけて丁寧に見ていました。

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309140340j:plain

当然、私もお手伝い(^^) 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309140440j:plain

特別に参加者全員に、先生の作品ポストカードをプレゼント!

先生からお土産としていただきました!

さらに、最優秀作品「流石匠賞」には副賞として、先生の作品を半切サイズにしてプレゼント! 気さくで気取らず、楽しい方でした!

 

受賞作品はこちらの10作です。

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141304j:plain

流石匠賞 「樹海で生きる」  相崎様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141407j:plain

推 薦 「夕 照」      田中様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141506j:plain

特 選 「森の怪獣」     宮崎様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141554j:plain

準特選 「静 寂」      原 様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141639j:plain

アカオウ賞 「穏やかな冬の日」 牧野様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141727j:plain

入 選 「白妙の調べ」    小林様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141812j:plain

入 選 「雄大な富士」    牛越様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141857j:plain

入 選 「大 樹」      石川様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309141936j:plain

入 選 「お散歩」      青木様

 

f:id:Photoshop_Akaou:20200309142006j:plain

入 選 「世界遺産」     宮川様

 

今回のトップは。まさかの樹海!富士山ツアーなのに、富士山ではない!

意外な発表に、先生に聞いてみました。

「全体に、良い作品に仕上がっています。刻一刻と変わる光の当たり方の変化をうまく捉えて、切り取り方も良い。全てのプリントの仕上げも上々。

トップ作品は、樹海の異様な雰囲気を、上手に表現している。

根の造形がうまく、流れを表現している。この時は曇天で光も少なかったが、的確な露出で捉えている。例年だと、4月5月あたりに苔の色が、この作品の様になるのだが、暖冬のせいか、早々に春の様になった。

例年、この時期にはまだ早い、春のような色合い、緑の苔の雰囲気をしっとりとした感じに、適切な露出で、綺麗に表現できていて、シャッターチャンスを逃さなかった、秀作です。」

と、絶賛していました。きっと数多くの富士山写真を見てこられた先生ですが、この樹海の作品の、新鮮さと、抜群の表現力に感嘆されたのでしょう。

 

最後に、先生はこんな事を言われました。

 

広角レンズを付けると、広角の目で見てしまう。

望遠レンズを付けると、切り取りの目で見てしまう。

どんなレンズを付けていても、常に、いろいろな画角で被写体を見れるようになることが重要です。

先入観をすてて、広角・標準・望遠・マクロ、いろいろな視点で景色を見て、いろいろ試してみれば、やがてそんな境地になれると思います。

 

そこにある、撮り方は一つではない。正解は、ない。

だから、いろいろ試しながら、写真を楽しみたいと思いました。

 

受賞作品の展示は、3月16日から、アカオウ写真店内にて!

各作品には、先生の講評が付いています。

ぜひ、ご来店ください!